スタッフブログ



┃突っ込みどころを用意する


まずはこちらを(スルーしないで)ご覧ください♪







どーも。



img


最近いろいろな人から“スルー”されてる気がする店長です(見てね、とは言っても多くの方がスルーしたはずです)



いや、いいんですよ別に。



私もしますからね、スルー。



嫁からの…







……



情報過多の現代。



多すぎるんですよね、情報が。



逆に、つい最近まで情報を“スルー”する手段を持っていなかったのか?と思ってしまうほどです。



DVDをレンタルすることでロードショーで見逃した映画を見たり、ハードディスクレコーダーを使って見たい番組だけを自由な時間に見たり。そもそもメディアを見なかったり…。



昔みたく、発信する側から一方的に送られてくる情報だけが情報だ、という環境ではなくなりつつあります。



またインターネットで、いわゆる“お気に入り”の情報を多くの友人たちに一度に送ることや、誰かとやり取りして繋がることが気軽にできたりするようにもなりました。



これまで「受け取る側」でしかなかった私たち生活者は一転、「送る側」にもなったわけです。(一応このブログもその類のつもり)



で、考えていたんです。



情報過多の時代(基本はスルーされるものだけど)スルーされないためには、どうすればいいのか?、と。



はい、結論から言いますと…



『突っ込みどころ』を用意する。



です。



これがソフトバンクのCM(予想外な家族)にモロに当てはまると思い冒頭にて紹介させていただいた次第なんです。



「おいおい、父親は犬かよ!?」



「兄ちゃん、黒人かよ!?」



…など



そりゃ大手企業様ですから「どうなっているんだ」・「ふざけているのか」など、それなりのお叱り(型の突っ込み)もクライアントの元に寄せられたかもしれません。



それでもすべては、そこから関係がはじまっているわけです。



要はプラスであれマイナスであれ、気になったかどうか?



はじめての出会いで相手の興味・関心のタグを引き寄せられなかったメッセージは2度と振り返られることはありません。



そこで、突っ込みどころ満載の手段や表現や状態(ん?)をあえて用いてコミュニケーションしていく相手のなかに「!」や「?」を生み、質問や意見、発言を引き出す。



当然、発言のなかには批判も含まれるでしょうが、ネガティブな反応も正直にもらう。



それが「突っ込まれる」ということでもありますからね♪



何もかもがスルーされる時代にパワーゲームで「ただひたすらに、届ける競争」には巻き込まれたくないし、やったところで勝てないものと考えています。



これからは『突っ込みどころ』を切っ掛けとして『突っ込み』にはじまった関係を『共感』のステージまで持っていくことを目標に色々頑張ってみることにしました♪(まずは私が)



それではさっそく今日は『突っ込みどころ満載画像』でお別れです。



img









…って







「どっちやねん!」





最後に…昨日“とある定番エリア”中心にご遊技いただいたお客様には心から謝罪したいと思います。申し訳ありませんでしたo(*^▽^*)o~♪(←突っ込みどころ)

2017/10/31 23:15
いいね♪(8)
コメントを書く



日記一覧 日記アーカイブ 日記トップトップページへ